勉強で大切なこと

Pocket
LINEで送る

れいめい館は勉強嫌いを歓迎します!

とアピールしていることもあり、通ってくれている生徒で勉強が嫌いな人は少なくありません。

最近ふと「そもそもどうして勉強が嫌いになったんだろう?」と気になり、考えてみたところ、2つ思い浮かびました。

1、単純に勉強がつまらない

2、勉強で嫌な思いをした

1は、点数が30点だろうが80点だろうがつまらないと感じるタイプだとお考えください。このタイプなら仕方がないと思います。食べ物の好き嫌いと同じレベルなので、どうにもすることができません。

しかし実際には「純粋に勉強が嫌い」という人はなかなかいないのではないでしょうか。好きなことなら学ぶのが楽しいと思うので、『本質的な勉強嫌いは存在しない説』を信じています

したがってほとんどの場合、2の「勉強で嫌な思いをした」のかなぁと感じています。

学校で勉強していると、どうしても点数が出てしまいます。他人との差が数値化され、点数が低いと「勉強が苦手」「頭が悪い」などと言われます。あるいは「自分は人よりができないんだ」と感じるようになり、勉強が楽しくなくなります。

「苦手だ」とか「下手だ」とか言われることを頑張ろうとする人はほとんどいません。嫌になって当然です。

勉強で嫌な気持ちになる時というのは、他人と比較された時なんだと思います。

しかし勉強する上で大切なのは、他人より理解が早く、暗記力が高いことなのでしょうか?そうではありませんよね。

勉強で大切なのは、新しく知識を身に付けたり、新しいことができるようになることのはずです。
他人との差は全く問題ではなく、学ぶ人自身が『何を知り、何ができるようになったか』に焦点を当てるべきではないでしょうか。

例えば私の場合、プログラミングを学んでいて、新しいことができるようになると嬉しいんですよね。

文字が表示できるようになったー!

とか、

画像が動かせるようになったー!

とか、単純に新しくできるようになったことが嬉しいんです。そこで「一流プログラマーと比べたら、全然まだまだじゃないか…」とは思いません。ただ単に成長する自分が楽しくて勉強してしまいます。

勉強とは本来、そういうものではないでしょうか。点数の上下に注目せず、勉強した本人がどう頑張り、何を学んだかに注目したいです。

自分が成長を感じ、喜ぶことができる。そういう人が『努力のできる人間』になるのだと思います。

Pocket
LINEで送る

塾長が勉強している話

Pocket
LINEで送る

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
生徒の「今日、クラスの欠席が20人だった」という報告に衝撃を受けています。
インフルが猛威を振るっているようです。
体調管理には十分ご注意ください。

さて、またまた私事ですが、久しぶりに勉強を真剣に行っています。
プログラミングの勉強です。
ワークショップを開くために調べていたら、いつの間にかハマってしまいました。
すごく、面白いです…。

本来、学ぶことって楽しいんだなぁと感じています。
新しいことを知り、新しいことができるようになるので、とてもワクワクします。

・生徒の立場に立てる!

プログラミングを学ぶ上でよかったなぁと感じているのは、勉強の方法を知っていることです。
日頃生徒に伝えている勉強の仕方を、そのままやればいいだけなんですね。
塾講師で何か得した、というのは初めてかもしれません(笑)

しかし、その勉強法が本当に正しいのか、というのも気になります。
なので自分で実践して確かめよう!
と思い、プログラミングの学習で実践してみました。

結論を言うと、やっばり間違ってなかったので、勉強する上で大切だなと感じたことを改めてお伝えしたいと思います。

1.勉強のハードルを下げる

初めて学ぶことなので、一回目ではなかなか理解できません。
そこで「わからないよ~!!」と精神をすり減らしてしまうのはもったいないです。

わからなくてもいいし、とりあえず問題解いてみよう。
一通りやって、全体像を把握することを優先しよう。

ぐらいの気持ちで行うとスムーズに進みます。

問題を解くまでは「何が分からないのか分からない状態」なので、理解度50%ぐらいでもさっさと問題を解き始めた方が効率が良いです。
もし分からなくても3回目で覚えればいいや、と考えておくと不安がなくなります。

2.全体像の把握を優先し、あやふな部分は覚えておく

アウトプットが重要なのは以前ブログに書きましたが、学んだことに対して「わかった!」と自信を持って言えるのか、そうでないかは覚えておく必要があると思いました。

自信を持って言えない部分は、アウトプット(復習)不足です。
しかしそこで立ち止まり、すぐに復習する必要はありません。
そのまま先に進み、まずは一通り全体を学ぶこと優先しましょう

全体像を把握できると、バラバラだった知識がつながり、理解が深まりやすいからです。
また勉強する範囲がわかるので、「どれだけ勉強すればいいのだろう」という不安がなく取り組むことができます。
したがって多少わからなくても、「ここは理解があやしい」と覚えておくだけで十分です。

全体像を把握した後は、同じ問題でいいのであやふやな部分を「わかった!」と自信が持てるまで繰り返し解きましょう。

・まとめ

・理解できなくてもどんどん問題を解き、先へ進めていく。
・まずは一通り学習し、全体を把握することが大切。
・理解があやしいところは、問題を解くことで不安をなくしていく。

Pocket
LINEで送る

ゲームも教材

Pocket
LINEで送る

家でゲームばっかりしています!

保護者方からよく聞くお声です。
クリスマスでゲームをもらった子たちは、それはそれは夢中になってプレイしていることでしょう。

私自身、小学校~高校まではゲームにどっぷりハマっていました。
家に帰ればゲーム、休みの日にはゲーム。自由時間はほぼゲームをしていたんじゃないでしょうか。

しかし全く後悔していません。
ゲームで学んだことは多いからです。

・頑張ったらクリアできる楽しさ

ゲームって頭を使わずにやっているイメージを持たれるんですが、そんなことないんですよね。
何回も繰り返す中で、無意識に試行錯誤を繰り返し行っています。同じようにやっていてはクリアできないためです。

ゲームは、少し上達すればクリアできるように上手く難易度が設定されています。
頑張ったら成果が出やすいようになっているんですね。

そのおかげで、小さな成功を体験することができるんです。

たとえ小さな達成感でも、その味を知っていると頑張るときのモチベーションになります。

・調べることの意味を知った

どうしてもクリアできない時や、勝てない相手がいる時、もっと上手くなりたい!という気持ちが湧いてきます。
そんな時はボスの攻略法を調べてみたり、プレイのコツを調べたりしていました。

ゲームのことを何回も調べているうち、いつの間にか『気になったことは調べる』という習慣がついていました

・『好き』の気持ちを大切にする

ゲームで学んだことは他にもあるのですが、何が言いたいのかというと「子供の好きなことを上手く利用した方がいい」のではないかと思います。

どんなものであっても学ぶことはできます。
まして本人の好きなものならガンガン行動してくれるので、身に付くことも多いはずです。

私たち大人は、「その背中をどうやったら上手く押せるのか?」ということを考えていく必要があるのではないでしょうか。

Pocket
LINEで送る

ジムと塾は似てる?

Pocket
LINEで送る

明けましておめでとうございます。
お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

・ジム通いはムダ?

さて、私事なんですが、最近ジムに通い始めました。
運動する機会がすっかり減ってしまい、

「このままではオヤジ体型になってしまう!」

という危機感からです。
ジムに通うことを妻に伝えると、

「わざわざお金出してまでもったいない。近所を走ったり、家で筋トレしたらいいのに。」

と言われてしまいました。

うぅ…。確かにその通り。
しかし家ではなかなかできないんですよね~。
気持ちがOFFになってしまうし、誘惑も多いし…。
それを振り切って「やるぞ!」というのはなかなか難しいんですよね。

だからジムに行って、自分を追い込まないとなかなか…。
そんなことを考えているときに気付いたんです。

あれ?これって勉強と同じじゃない?

・家でも勉強はできる

勉強も家で十分できますよね。
今は無料の動画授業がかなり充実してきて、家庭勉強のハードルは一層下がってきています。

じゃあ塾って必要ないの?
と言われればそうでもありません。

勉強を教えてもらう場所だけなく、
『勉強をせざるを得ない空間』としての機能を持っているからです。

私にとってのジムみたいなものです。
家でもできなくないけれど、家だとやらないので必要。ということですね。

・塾に求められるもの

しかし追い込まれないとやらないので、根本的にやりたくないことであることには間違いありません。
モチベーションが維持できないと挫折する可能性は大きいです。

したがって塾に求められるものは、

成果 + 動機づけ(楽しさ)

なんだと思います。

成果とやる気の関係は強いです。
しかし、やる気よりも点数が先に上がることはほとんどありません。
やる気になって勉強して成果が出ることの方が 、圧倒的に多いです。

したがって、れいめい館では生徒に楽しく勉強してもらうこと、やる気を出してもらうことに全力を注いでいます。

・まとめ

塾はれいめい館がオススメ!

全然まとまってないですね。
申し訳ありません。
自分でもただの宣伝になってしまうとは思いませんでした。

Pocket
LINEで送る

勉強は「地道にコツコツ」が王道

Pocket
LINEで送る

勉強がわからなくても大丈夫!
真野・堅田の個別指導塾れいめい館です。
今日は勉強方法の基本パート2。

勉強は「地道にコツコツと」

このフレーズ、よく聞くと思います。
それだけ多くの人が言うのには、理由があります。
理由は大きく2つ。


・テスト範囲を網羅するには時間が必要

1つは『量』の問題です。これは想像できるかと思います。
テスト前だけ頑張ろうとしても、1週間程度ではできることは限られています。
しかし、5~8教科全ての範囲を復習するのには時間がかかります。
高得点を狙う場合は応用問題の練習もしなければいけません。
普段から少しずつ復習しておいた方がいいことは明らかです。

・記憶が定着するには回数が必要

2つ目は『記憶』の問題です。
人間の脳はとても忘れやすくなっています。

(”エビングハウスの忘却曲線でわかる、最適な復習のタイミング”)

↑の記事によると、学んだことは1日後には67%も忘れてしまうそうです。
かなり忘れてしまっていますね。
しかし忘却曲線を知る上で重要なのは、

繰り返し復習することで忘れにくくなる

ということです。
復習してもまた次の日には67%忘れてしまう、というわけではありません。
繰り返し復習することで忘れにくくなり、記憶が定着していくのです。
しかも復習する時間は10~20分程度でいいそうです。
とにかく「思い出す」ということが重要なんですね。

まとめ

・勉強の王道を地道にコツコツと!
・テスト範囲を計画的に消化するため
・記憶が定着するために地道な復習が必要

Pocket
LINEで送る

勉強はアウトプット重視で!

Pocket
LINEで送る



勉強がわからなくても大丈夫!
真野・堅田の個別指導塾れいめい館です。
今日は勉強方法の基本について。

以前こんなツイートをしました。

勉強はアウトプット重視で!

勉強の目的は、学んだことを定着させることですよね。
効率よく身に付けるには、
インプット3;アウトプット7
の割合で行うと効率がいいと言われています。

インプットは「入力」を意味します。
知識を入れたり、理解する作業です。
授業を聞いたり、本を読んだりして勉強するときがそうですね。

アウトプットは「出力」を意味します。
知識や記憶を外に出す作業です。
問題を解いたり、知っていること話したり、教えるときがそうです。

勉強というと、インプットのイメージが強いかと思います。
しかし重視すべきなのはアウトプットなんです。

具体的なアウトプット方法

アウトプットの方法は主に、
「問題を解く」「説明する・教える」の2つ。

1.問題を解く
完全に理解できていなくても、概要を理解したらどんどん解いていきましょう。
生徒にも「とりあえず解いてみて!」とよく言うのですが、完全に理解していなくても意外と解けるものです。
解けなくても2回目、3回目で解ければOK。

「解きながら覚えるか」ぐらいがちょうどいいです。
途中でつまづいても、「分からないところが明確になった」と前向きに。

2.説明する・教える
学んだことはどんどん説明したり、教えたりしましょう。
友人、家族、SNS、なんでも構いません。

理解が不十分でも誰かに伝えてみることが大切です。
説明中に「そういうことだったのか」と自分で納得することは少なくありません。
「ここ、あんまり分かってないな」と感じることも多く、どちらであっても十分な収穫です。

『理解していないのに教えてはいけない』なんてルールはありません。
人に話せば話すほど理解が深まります。
遠慮せずにどんどん行いましょう。

まとめ

・勉強で重視すべきはアウトプット
・アウトプットする中で理解は深まっていく
・理解不十分でもどんどん解き、説明し、教えてみる

Pocket
LINEで送る